2005年07月31日

こどもA 

某バレエの発表会にお誘い受けてでかけた。
だいたいいつも車で行くんだけど
帰りに「飲む」可能性もあったので、電車で行った。
家を出る間際にこどもAに「定期持った?」
と聞きかけて、言うまでもなかろうと思いなおした。
こどもAが通う学校のもより駅の次で下車するので
彼女の交通費は往復80円ですむはずだった。・・

時間を確認し、券売機の前で「定期は持ってきたよね?」
と聞いた私にこどもAは返事したもんだわ。
「ううん」って。
私 「忘れた?」
A 「違う」
私 「じゃ、なに?」
A 「だって定期、赤坂までだから。」
私 「天神まで乗り越して、精算すればいいじゃない。」
A 「#$%&'()==)('&%」
定期券と切符は別物で、乗り越しも、精算も知らんかったらしい。
バレエばっかりやってて、世間知らずってか?
あきれたー
腹たったー、こーゆー出費はものすごーくもったいなくない?
「キセル」なんて言葉も知らないんだろうなー
これに類すること、他にもありそう。
はぁ〜
posted by マーサ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

あわわわ

やけに朝から元気で、キッチンのおおそうじをした。
出窓を磨いてあれこれ方付け。鼻歌まじりでいい感じ。
しあげにやかんを磨こうとして、通常使いじゃない方の
やかんを手にとったら、いやな予感。麦茶や杜仲茶用ので
最近使っていないのに、中に液体がはいってる・・・・・
おそるおそる蓋をあけたら「・・・・・・」
!!!!!
いつのだよ〜 パックがとるけてるよー
これ、やっぱりそうじするのは私?
鬼のように洗った。磨いた。いっぱいに水入れて沸かして
また洗った。二度はいやだよー。
うう・・
posted by マーサ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

スーパー

日曜日に買い物なんかに出るもんじゃあないわー。
わかっているけど、冷蔵庫の中の補充にせまられる、なぜか
それが日曜日なのは、なぜ?
平日のゆうに3倍のひとだかり。ひとごみにはいると
くらくらっとする。体が弱いわけではないんだけど。
野菜や肉類と、その他分けて買うので、3つのスーパーを
まわって、うんざりします。その他を買うお店Dの、客が買った
ものをつめる所が(なんていう名称?)変わった作りで
レジを打つ商品と垂直に、かごがはいるくらいの3つのスペースがあって、
そこに店員の「右側に失礼します」とか「左にはいります」の声の
誘導でもって客が間髪をいれずに買ったものを袋づめするという
おいたて型。暇な時はまあいいんだけど、混んでると当然3つとも
ふさがって客がおたおたすることになり、山のような買い物をした
客が続くと、商品が交差したりする。
「あっ!それこっちの!」なんて。
なま物以外はよく買いに行くんだけど、どーしても慣れない。
マイペースでやりたいわ。袋に入れるくらい。
疲労感が倍増。
でもシー○キンが3個で198円て、安くない?
posted by マーサ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

おいたの過ぎる猫

暑いー。
雨の降らない6月をへて、どしゃぶり続きの7月。
そしていつのまにか夏まっさかりになっていた。
虫は出るし、汗はかくし、そうそうこどもたちは夏休みになった。
こどもBはすでにしっかり休みを堪能しているが、
こどもAは月末まで補習授業が続くそうでたいへん。

ずーっと似たような事ばっかり言ってるみたいだが部屋の片付けが、
遅々として終わらないのは怠惰な性格ゆえか?
昨日、夫の手をわずらわせて、ひと部屋もよう替えしたけど、
なんかぱっとしない。
いくつか「猫立ち入り禁止」部屋を設けているがこう暑いとついつい
ドアあけっぱなしててにゃ〜と入ってきてしまう。ああ
かわいい彼らがうちにきてからというもの
「インテリア」とは遠ざかる一方。なぜなら、♂のルークは
やたらめったらものを破壊してくれる。

スリッパ、椅子、観葉植物、壁をかりかり、今は
じゅうたん張りのかいだんばりばり。
朝起きて、リビングの真中にぼろぼろになったサンダルを
見つけた時は仰天した。
なんでそんなことばっかりやってくれるのか。

猫を飼ってる方、お宅の猫はどうですか?

p2.jpg 猫



posted by マーサ at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

夢見る話

久しぶりにこどもAのお稽古場へ行った。
夕方からの大雨で、駐車場出たとたんにすっかり濡れてしまい、アップにした髪もぼろぼろ。
なんだか猫の気分。
こどもAはすでに踊り終えていて、ハハはがーっくり。ま しかたないか。
気を取り直して、こどもAと食事して帰った。

うしろの席に座ったこどもAは、疲れもしらず、ずーっとさえずっていて、
学校での出来事、バレエの話と、とどまることを知らない。
舞台が近づくと、それなりの精神状態になるから見る夢とかに変化がある?
と聞いてみる。
うーん? 夢を見ていた記憶はあるんだけど目が醒めたとたんにすっかり忘れてるよ。
ヘぇ そんなもの?

こどもAがバレエを始めて、このハハが繰返しみる夢がある。
もう定番といっていいかも。
それは、なぜかハハが舞台そでにいて、誰かに「次の次 出番です。」と言われて
「えっ 私は踊れません!」とうろたえる。でもなぜか“海賊”の衣装を着てるのよね。
チュチュじゃないところがなんともそれっぽい。しかも好みの紺に近いふかーいブルー。
シルクのオーガンジー。 (だと思う)

「次です!!」で曲が始まってしまう。
「ええええええーーーー??!!」がく〜(落胆した顔)
叫ぶだけ叫んだあと、なぜか「よし!」と飛び出して行く・・・・で
目が醒めるというパターン。胸はどきどき早鐘のよう。

踊りたいのかな?実は。わーい(嬉しい顔)


posted by マーサ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

雨のつれづれ

amehana.JPG


今月にはいって雨続き。

めぐみの雨とは思いつつなんとなーく、くすんでいる。
根が野蛮人にできているんだろう。
気分が天候に左右されてしまう。野蛮人。
なんとかテンションをあげるべく
「正夢」をボリュームあげて聞く。
なんで「正夢」かというと、ただいまのところ
特に気に入っている曲だから。
コマーシャルソングになるくらいだから
なじみやすいというか、スポンサーサイドの
思うつぼというか。
以前カラオケでよく歌っていた「レイニ−ブルー」だと
♪ふと ひとみを ふせるー♪わ。
カラオケネタで思うこと。私の場合、
好きでよく聞くのと、歌っちゃうのは違う歌。
やしきたかじんの「泣いてもいいか」は、
ひところよく歌ったが、聞くことはない。
(練習用にCD持っていたりする)
ミスチルの歌なんかしらけそうで歌えないし。
カラオケ歌。
「ウーマン」「タクシー」「雪列車」
「壊れかけのラジオ」「抱いて」etc・・・・
はた迷惑な歌ばっかりだ。「夏のおわりのハーモニー」

音程あやしくデュエットしてた。
そういえば「グッバイモーニング」好きの
あの方は元気だろうか?


                  
posted by マーサ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

胃痛記念日

胃痛でのたうちまわったことがある。
未体験の痛さで、いろんな病名が脳裏をかけめぐり、
もはやこれまで(なにが?)かと
悲壮なおももちであった。(と思う)

そうまでの痛さだったのに、病院へ行くのを
ためらったのは、怠惰と本当の恐怖心がないまぜに
なったためのような、違うような。

某総合病院の胃腸科を受診したのは
最初痛みを感じて一週間経過したのちのこと。
最近の胃腸科って、胃カメラとか簡単に使ってくれる。てっとりばやいから?

余談だけど、風邪で内科受診して昔より
「じゃ点滴しましょう」のわりあいは、ぐっと高くないか?
「てんてき〜?!」
これっくらいは驚く。そんなに悪かった?って。

そして胃カメラ。
とにかく見てみましょうということで。
私の母方のおばあちゃんは胃癌で亡くなった。
以来、私の中で“胃の異状”=“胃癌”なのだ。
頭ぐるぐるだったけど、ぐっとこらえて。
大人になった辛さを感じるのはこういうときじゃないかと思う。
あと歯医者ね。泣けないなんて。

そんな私の胃の中ではいったいナニが進行していたかというと。
「あ・れーー?」と医師の声。
なにごとかと思うじゃないか。
「虫がいますよーー、もう死んでるけど。」
アニサキス。さばやいかなどに付く寄生虫。
そいつが私の胃壁に食いついたまま、息たえていたそうな。
「よかったですねー、もぐりこんでたりしたら、手術でしたよ。」
そりゃおおごと。
病気じゃなかった。よかった。

痛みは後、ぴたりとおさまった。あたりまえだが。

この話はこれで終わらない。
受診した病院は総合病院で、胃腸科以外も私はたいてい
そこへ行く。すると各科のカルテが一緒にファイルされていて
アニサキスつきの写真を別の科の医師が
見ては必ず、「ほぉ」と言い、「なんですか?これ」
と聞くのだ。患者の私に。
「虫です」と私は答える。またかーと思いつつ。
また聞きたくなるような鮮やかな写真なのだ。それ。
記念に持ち帰りたいくらいの。
posted by マーサ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニサキス談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。