2005年08月14日

愛・読書

下の2冊は私の愛読書。
身近にこれといって読むべき本がないときに
牛の反芻のように、つらつら眺める。
幾分活字中毒の気味があり、
本はどんだけ読んでもあきることがない。
テレビはほとんど見ないので、時勢に疎い。
宮部みゆき・乃南アサ・桐野夏生・篠田節子
浅田次郎・宮本輝 等々 ここ数年著者名
見つけたら読んでる作家。
気に入ったらずっとシリーズで読みふけるので、
新刊がたいそう待ち遠しいという状態になる。

最良の時間が本を選んで寝室にいるときと
きているから、我ながら・・・
小説に食傷したときは既出の辞典とか、歴史の
本を読む。昨日読み返した、司馬遼太郎の
「アメリカ素描」はたいへんおもしろかった。
今日読んだのが、佐江衆一「黄落」。
老親介護のすさまじい内容だったが、
“人は誰でも年をとる”としみじみするテーマで
いっきに読んだ。

本を読み出すと、やめられない・とまらない状態になる。
ほんっつとにどーにもとまらなくなり
家が荒れるのが困りモノ。

123.jpghonn.JPG







posted by マーサ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。